This Used to Be My Playground[歌詞和訳]Madonna:マドンナ

Ad
人気がある歌
Madonna - This Used To Be My Playground (Video)

Madonna – This Used To Be My Playground (Video)

This Used to Be My Playground 【歌詞和訳】Warner/Chappell Music, Inc

ここはかつて私の遊び場所だった
これはかつて私の子供時代の夢だった
ここはかつて友達が必要な時の私の逃げ場所だった
なぜ終わらなければならないの?
それになぜ みんなはいつも言うの?

振り返るな
頭を高くしてろ
理由を尋ねるな
人生は短く
知らぬうちに老いを感じているから
そして心は傷つくから
過去にしがみつくな
それは求めすぎだ

ここはかつて私の遊び場所だった
これはかつて私の子供時代の夢だった
ここはかつて友達が必要な時の私の逃げ場所だった
なぜ終わらなければならないの?
それになぜ みんなはいつも言うの?

後悔はない
でもあなたがそばにいたらと願う
まだ希望はある
秘密の場所であなたの顔が見られる
あなたはただの記憶じゃない
昨日にさよならを言いなさい
そんな言葉 私は絶対言わない

ここはかつて私の遊び場所だった
これはかつて私達のプライドと喜びだった
ここはかつて私の逃げ場所だった
世界中の誰も
この場所を壊そうとはできない

ここはかつて私の遊び場所だった
これはかつて私の子供のころの夢だった
ここはかつて私の逃げ場所だった
あなたがここに
私と一緒にいればと願う

This Used to Be My Playground【歌詞】 マドンナ

This used to be my playground
This used to be my childhood dream
This used to be the place I ran to
Whenever I was in need
Of a friend
Why did it have to end
And why do they always say
Don’t look back
Keep your head held high
Don’t ask them why
Because life is short
And before you know
You’re feeling old
And your heart is breaking
Don’t hold on to the past
Well that’s too much to ask
This used to be my playground (used to be)
This used to be my childhood dream
This used to be the place I ran to
Whenever I was in need
Of a friend
Why did it have to end
And why do they always say
No regrets
But I wish that you
Were here with me
Well then there’s hope yet
I can see your face
In our secret place
You’re not just a memory
Say goodbye to yesterday (the dream)
Those are words I’ll never say (I’ll never say)
This used to be my playground (used to be)
This used to be our pride and joy
This used to be the place we ran to
That no one in the world could dare destroy
This used to be our playground (used to be)
This used to be our childhood dream
This used to be the place we ran to
I wish you were standing here with me
This used to be our playground (used to be)
This used to be our childhood dream
This used to be the place we ran to
The best things in life are always free
Wishing you were here with me

「A League Of Their Own」 (1992)【邦題:プリティ・リーグ】の主題歌です。大ヒットした映画の楽曲なので好きな方も多いと思います。煌びやかな数多いマドンナの歌では、少し地味なバラード曲ですが、深い味わいがある佳曲だと思っています。
映画は、第二次世界大戦期の終盤時期に、出征したプロ野球選手たちの代用として結成された「全米女子プロ野球リーグ」を題材したものです。1943年に創設され54年まで存続してましたが、大リーグの復活により、人気が低迷し、その後復活することはありませんでした。この時期は、女性たちが戦時の後方支援として、アメリカの工業生産などにあたり、戦争で失われた労働力に代わる女性の重要性が認識され、社会進出の先駆けともなった時代でした。
話は変わって、この歌の内容は、幼少期に過ごした遊び場(playground)の思い出と、その時期に抱いた、押し付けられた生き方、夢を追うことを諦めさせることへの反発心を歌っています。いつの時代でも、人格形成の場としての「遊び場(playground)」の記憶とその夢は大切にしたい、そんなメッセージ性が、歌を味わい深いものにしています。

A League of Their Own | Original Trailer [HD] | Coolidge Corner Theatre

プリティ・リーグ (字幕版) – 予告編
1943年、男たちが戦争に駆り出され、プロ野球閉鎖の危機が訪れる中、世界初’全米女子プロ野球リーグ’が結成された。最強チーム”ピーチズ”のメンバーは、田舎の主婦からホール・ダンサーまで、野球を愛する男顔負けのスーパー・レディース。汗と埃にまみれて白球を追う彼女たちの力強く美しい姿に、アメリカ中が拍手を贈った・・・。 (原作 – A League Of Their Own (1992)) © 1992 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

コメント

タイトルとURLをコピーしました