“Baseball … was, is, and will always be the greatest game in the world” – Babe Ruth

Take Me Out to the Ball Game | Family Sing Along ?
「私を野球に連れてって」オリジナルは1908年の野球ファンの愛唱歌で、作者アルバート・ボン・ティルツァーはティン・パン・アリーTin Pan Alleyを代表する作曲家です。この歌のオリジナルは、地元の一野球ファン(マッド?)の行状と心情を歌った、云わば一種の軽いコミックソングでしたが、大リーグのセブンスイニング・ストレッチ(7回の気分転換と身体ほぐしの一休み)に公式採用されて、広く親しまれる国民歌となりました。
野球は人類が二本歩行になった、フリントストーンの時代からの遊びで、その後、ローマ時代のコロッセオでの格闘競技、スペインの闘牛でのスタジアム、団体戦など、観客を楽しませる要素を盛り込みながら進化しました。また、アメリカで野球が広まった理由としては、多民族国家内での自治区間の親睦と平和的な競技のネットワーク作りが大きく貢献したことにあると思います。試合の勝ち負けに一喜一憂しながら、相手チームであっても、同じ競技を愛する人々への連帯感を持つこと。つまり、野球はその成り立ち、発展においても、きわめてアメリカ的なスポーツといえると思います。

Take me out to the ball game【歌詞と和訳】

Take me out to the ball game
私を野球の試合に連れていって
Take me out with the crowd
私を群衆と一緒に連れていって
Buy me some peanuts and Cracker Jack
私にピーナッツとクラッカー・ジャックを買ってね
I don’t care if I never get back
戻れなくてもかまわないよ
Let me root, root root for the home team
ホームチームを応援させてよ
If they don’t win it’s a shame
もし勝てないなら情けないよね
For it’s one, two, three strikes you’re out
さあ1、2、3ストライクでアウトだ
At the old ball game
昔ながらのボールゲームで

Ballpark Organ Music | Vintage Baseball Organ | Baseball Oldies | Relaxing Atmosphere

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です