なぜWEB標準であるW3C標準に準拠したホームページがいい?

WEB標準であるW3C標準に準拠したホームページはCSSとXHTMLにより出来ています。CSSでホームページの幅や高さ、枠組み、背景、文字の種類や大きさなどのデザインを指定します。XHTML(HTML)はCSSを基本の形にコンテンツであるテキストや写真などの画像を配置し、リンクの指定などのソースが記述されています。つまり、構造(ベース)と中身(ソース)を分離することで、中身であるXHTML(HTML)にはベースに関する余分な記述が無く、検索エンジンが読み取りやすくなります。

ヤフーやグーグルの検索エンジンはテキストのみを読み取ります。読み取ったテキストを元に、そのホームページが何に関するものなのかを、記されたキーワードの配置や大きさ、出現頻度などから判断します。そしてその内容がユーザーにとって有益であるかどうかにより検索表示の順位を決定します。どのような基準で検索順位を決定しているかは企業秘密なので分りませんが、コンピュータの分析を元に人為的な修正を行っているようです。(キーワードを羅列すると却って悪い結果を招くことがありますが、そんな方法でホームページを作成しているところはサイトを見ればわかりますね。)

コンピュータがキーワードを読み取りやすく、ホームページの内容を人が見て、何についてのホームページか分りやすいのが、W3C標準に準拠したホームページです。しかし、まだまだW3C標準に準拠したホームページの数は多くありません。ですから、検索エンジンに対して有利といえます。これからホームページを作るのであれば、見た目だけではありません。W3C標準に準拠した高品質の世界標準のホームページを作るべきだと思います。

例えば、このページもCSSとXHTMLにより出来ています。インターネット・エクスプローラーやMozilla、Operaなどのブラウザのメニューから⇒「表示」でページのソースに切り替えると、ソースは如何にシンプルであるかがお分りになると思います。また、キーワードは「ホームページ制作・横須賀」にしました。配置や頻度もご参考になると思います。効果に疑問がある方は試しにヤフーで検索してみてください。