ホームページの広告効果

新聞・タウン誌掲載広告や折込チラシ・ポスティングを1回行えば、約十万円から数十万円の費用が掛かります。ではその効果はどうでしょうか?大量の情報に混ざってしまい、お客様は読んでもくれないかもしれません。期待していたほどの効果が得られなかった経験がおありではないでしょうか?

広告の費用対効果を考えるとホームページは優れています。24時間・365日インターネットで閲覧できます。その上、掲載する情報量もチラシなどの数倍、数十倍です。もちろん告知活動は必要ですが、ホームページは活用次第で強力な宣伝媒体となります。

経験談ですが、あるタウン誌に広告を掲載したとき、アクセス数にほとんど変化はありませんでした。確かに自分もたくさんの広告やチラシを詳細に読むことがありませんので無理も無い話です。

印刷物による広告の効果は業種によって大きく違います。日常的に必要なものは多くの人の興味を引きますが、そうでないものはその時に必要とする人だけにしか効果はありません。業種によって無駄な印刷物広告の費用を掛けるよりも、求める人に適切に情報を提供できるホームページの活用が有効です。

ホームページはアクセス数が一番。だから見た目のデザインは重要でないという方もいます。デザインが不得意の制作会社の方もよくこの論法を使うようですが、これは間違いです。両立したものが良く、それを作成するのがプロの仕事です。いくらユーザーがホームページを見てくれても、見た目が悪く、中身がないキーワードが羅列してあるようなものは、広告として却って逆効果です。