中堅企業のホームページ・デザイン

顧客は常に取引相手の企業や事業内容をよく知りたいと考えます。そのために、インターネットを利用します。もし目当ての企業のホームページが無い、ホームページが古い、情報内容が不足していれば、その程度の会社かと思われて、知らないうちに顧客を逃がしているかも知れません。企業の健全性や技術力などを適切に開示しているホームページは顧客獲得のツールになります。

開かれた世界に企業情報を開示しているホームページは、ネット上の企業の顔です。その顔は画一的なものではないはずです。企業の独創性や技術力を表現するのがテンプレートでないカスタムメイドのホームページ・デザインです。

しばしば「ホームページを作ったけれど、大した反響もないし、思っていたような効果もなかった。」というような話をする方もいます。しかし、本当にそうでしょうか?会社のホームページを見てから取引した顧客もあると思います。ただ一般的にアクセス数の増減だけで効果がなかったとはいえません。アクセス数はキーワードの検索表示順位により変ります。キーワードが少なく、ユーザーにとって有益な情報がなければ順位は下がります。また、ホームページの作り方でも違ってきます。ただ原因を調べず、そのままにしていればアクセス数が減るのは当然です。会社案内のみのホームページではユーザーにとってはさほど有益な情報ではありませんので、コンテンツの充実が必要となります。またホームページの構造に問題があれば早急に改善すべきです。

デザインとは単なる見た目のことではありません。基本構造を含めたホームページの品質です。ホームページでお悩みなら、コンサルティング会社に依頼する前に、ご連絡ください。簡易的ではありますが無料で診断いたします。