正しいホームページ作り:「SEO、SEOスパム」とは?

 

ホームページを作成する前に知っていていただきたいこと。


「SEO」「SEOスパム」「正しいホームページ作り」に関するお知らせです。これからホームページを作られる方だけではなく、既にホームページをお持ちの方にもご参考になると思います。少し長い文章ですが、ホームページ・オーナーが知っておかねばならないことですので、是非お読みください。

「SEO」とは・・・

自分が思ったキーワードを「Google」や「Yahoo!」などで検索して、求める情報が掲載されたホームページはすぐに見つかりますか?求めるページが上位に表示されていない例はたくさんあります。何故でしょうか?原因は入力したキーワードが大まかで対象とするホームページが大量にあるため、「Google」や「Yahoo!」などの検索システムの精度が不足しているため、などが考えられますが、もうひとつ不適切なSEOによる弊害が挙げられます。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼイション)とは、「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンで上位に表示するために対策処理をすること(もしくは対策処理が施されたページ)です。自分のホームページを希望する検索語句で上位にでるようにするかという対策です。Yahoo!Japanの場合、「ビジネスエクスプレス」に申し込む方法があります。Yahoo!のディレクトリ型に登録するには、通常登録の場合では一個のディレクトリしか掲載されませんが、ビジネスエクスプレスサービス(52,500円)(アダルトや性風俗関係の場合は15万円7500円)を利用すれば複数のディレクトリに登録してくれる確率が上がります。但し、ビジネスエクスプレスは必ずしもディレクトリへの掲載を保証するものではありません。Yahoo!Japanの審査基準に適応したものでなければなりません。したがって、どうしても掲載したい場合は審査基準を満たす情報量とWebデザインがそれなりのものにしなければいけません。
Googleの検索エンジンはホームページ上のキーワードとなる語句を収集して、その使用頻度などで検索結果を表示します。このシステムを悪用して、ホームページにキーワードとなる語句をたくさん並べるなどで検索結果の上位に表示させることが可能ですが、不適切な行為です。不適切なSEOが多くなれば、ロボット型の検索エンジンだけでは正しい検索結果を確保できないことになります。Googleではこの対策としてGoogleインデックスのスパム報告により管理を行っていますが、まだまだ後を絶たないようです。現在、Googleの検索エンジンは多くのポータルサイトで使用されています。
一方、Yahoo!Japanは独自の検索エンジンを使用して、より正しい検索結果を確保するため、定期的に検索結果の審査を行い、不適切なホームページを下位へ移動、または削除することもあるようです。GoogleとYahoo!Japanの検索結果表示が大幅異なる場合が多々あるのはこのためです。
上記のように、Googleの検索エンジンは多様な不適切な方法を使うことで一時的には順位を上げることが可能ですが、そうした方法がSEOスパムと判断されれば、大幅に検索から下げられるになります。自ら首を絞める方法でもありますが、もし検索結果の上位に表示されても、その内容が伴わなければ、公平な検索結果表示を望むユーザーを裏切ることになります。ホームページの存在自体が疑われます。「Yahoo!]も「Google」も公平な検索結果を探すためのエンジンですので、これを欺く行為は厳に慎み、ルールに則った正しいSEOを行わなければいけません。


「SEOスパム」とは・・・

「スパム」とは本来の目的や行動を第三者が故意に妨げる迷惑行為のことです。スパム・メール(迷惑メール)やブログのコメント欄や掲示板への無差別の大量な広告書き込みなどがあります。SEOは本来、無数にあるWeb上のホームページから目的にあったものをユーザが探しやすくするために、サイトを適正化するものですが、これを阻害するホームページを作ることを「SEOスパム」といいます。


SEOスパムとみなされる方法とは、以下のような方法です。
ホームページに見えない語句を配置する隠しテキスト・隠しリンク。たとえば、バックが白色のページに白色の文字でキーワードを書き込む、識別できないような小さな文字キーワードを書き込むなどです。ユーザが見えないものをホームページ上に記述する方法はSEOスパムです。
ホームページの内容と関係のないキーワードを記述する。たとえば、人気のある芸能人の名前や、流行している語句を自分のページとは関係ないものを並べるなどです。ホームページの内容に一度も記述しないものはキーワードにしてはいけません。
必要以上にキーワードとなる語句をホームページ上を羅列する。
たとえば、「ホームページ制作」というキーワードがあれば、文章と脈絡も無く並べれば、検索エンジンはそれを内容を示すものと判別します。適度に使用することはSEOとなりますが、過度な場合はSEOスパムとみなされます。
キーワードとなる語句を過度に強調する。たとえば、太字でキーワードを記述して並べれば、検索エンジンはこれを重要なキーワードだと判断しますが、内容を伴わなければこれもSEOスパムとみなされます。

(その他、クローキング、不正なリダイレクト、誘導ページ、重複したサイトまたはページがあります。)
このようなページを見かけたら、Googleインデックスのスパムを報告ができます。(アカウントの作成が必要となります。)
もし、あなたのホームページに上に書いたような記述があれば、早めに正しいものに直しましょう。
正しい「SEO」に関する情報を、Google「検索エンジン最適化」のページでお読みになることをお薦めします。

「キーワード」は・・・

また、検索結果が上位と言っても、ユーザが検索しないキーワードでは意味がありません。ホームページ制作会社やコンサルタントからそうした結果を示されても喜べません。そのキーワードの対象数が少なければ、上位表示も決して難しくないからです。例えば、「マジックトレイン」というキーワードで検索して、Yahoo!やGoogleで検索して上位に表示されるのは当然といえます。そのような名称の事業者は少ないからです。社名や屋号も大切なものではありますが、重視するのはカテゴリー内での検索結果です。当サイトの例では、キーワードは「ホームページ制作」「横須賀」などになります。トップのページにこのキーワードが多いのもSEOによるものです。
実際にユーザが検索するキーワードを適切にホームページ内に配置することで結果を出すことが大切です。

正しい「SEO」・・・

では、正しいSEOの方法は何かというと、
CSSによりホームページの構造を記述し、HTML本体は極力、情報であるコンテンツの記述に特化します。こうすることで、検索エンジンはホームページからキーワードを収集しやすくなります。(お使いのプラウザで「表示」→「ソース」をクリックすると文字のみの画面が表示されます。上部の「meta」部分と「body」以下の語句が検索の対象となります。)
画像や写真には「タイトル」「alt」(写真などの上にカーソルを乗せると説明がでる)を記述します。この記述も検索エンジンはキーワードとして収集します。SEOには写真や画像は不利ということはありません。
次に大切ことですが、「リンク」を歓迎しましょう。沢山のサイトからリンクされていれば、認知されているホームページであると判断してもらえます。商店街同士、同業者組合員間など相互のリンクが活性化と同時に、有効なSEOとなります。

ホームページ制作会社選び・・・

外部にホームページ制作を依頼するときは、会社の選択が重要になります。ホームページ制作会社にもいろいろなタイプがあります。全体のデザインやアートワークが得意、SEOが得意、文章制作が得意、アイコン、Gif、Flashなどの部品制作が得意などが挙げられますが、これらはすべてホームページ作りに欠かせない要素です。ひとつが得意であれば良いというものではありません。全体にバランスがとれたホームページ制作会社に依頼することが大切です。
しかしSEOについては知識を持っていないと損をすることもあります。「ホームページを作る限りは、少しでも多くの人に見てもらいたい。宣伝効果を上げたい。」と期待することは誰もが抱く当然の気持ちです。その期待が大きくなればなるほど、その心理を商売に利用する人が現れ、中にはホームページにSEOスパムを施して多額の報酬を得る悪質な業者も出て来ます。
前述したような方法でアクセス・アップを勧め、ホームページを制作、もしくはリニューアルして「効果があるSEOです。」というコンサルタントや制作会社も好ましくありませんので、ご注意ください。(コンテンツに関連して、キーワードを適切に配置し、見やすいページとすることは適切な方法です。限度を超えたものがSEOスパムとみなされます。)SEOスパムを行う制作会社やコンサルタントを判断することは難しいかもしれませんが、SEOは「万全」「完備」「完璧」「効果絶大」などの謳い文句を並べているところは如何なものでしょうか?たしかに何も対策をほどこしていないサイトに施せば、当然、結果は現れます。SEOに関する知識を持たない方にとっては「すごい効果」かもしれませんが、これも一過性の結果です。SEOに「万全な対策」などはありません。「若返りの特効薬」や「安全確実な資金を十倍にする運用」が無いのと同じです。あるのは「正しい対策」だけです。何故ならSEOスパムを施しただけで内容が伴わないホームページばかりが上位にランクされれば、検索の精度が失われことになるので、そのスパムに対する変更が施されるからです。くれぐれもSEOに関する過大な広告にはご注意ください。
SEOスパムを見分ける一例を挙げてみますと、Googleで検索を行い、その会社のサイトを「キャッシュ」で表示し、次に「テキストのみのバージョン」で表示します。このときに、フル・バージョンと内容が大きく異なる場合は、クローキングを行っている可能性があります。また、前述したようなSEOスパム行為があれば、要注意です。少なくとも自社のサイトですら不適切なSEOを行っているところへSEOを依頼すべきではありません。

制作を依頼する際にはSEOの方法などを質問してみることをお薦めします。「企業秘密です。」(確かにSEOスパムを行うのであれば秘密にします。)などの言葉だけで信用しないことです。自分のホームページにSEOスパムがあれば、法的にはともかく、信用や品位の失墜を招きかねません。少なくとも常識あるユーザは検索上位に表示されていながら、内容が伴わないページを見て、その企業を信頼することはないでしょう。そうなってはせっかくのホームページも逆効果となります。SEOの方法はクライアントとして当然知っておくべきこととして質問してください。

結論は・・・

結論になりますが、SEOは時代とともに変化するものです。Yahoo!やGoogleなどに対応した新しい方法もいろいろ出てきます。しかし、Yahoo!やGoogleも正しい結果を表示することが検索の目的ですので、その対策も変化してゆきます。検索の精度が高まることは、とりもなおさずユーザが求めるホームページを上位に表示することです。
イソップの寓話「ウサギと亀」を思い起こしますが、自分のホームページを検索結果の上位に表示させるためには、一時的なSEOに捕らわれ、性急に結果を求めるよりも、公平なルールに則したうえで、正しい構造とデザインのホームページを作り、定期的に少しづつでもコンテンツ(情報)の充実した内容としてゆくことです。
競合する業種の中にあって、真に
ユーザが求めるものを提供できる存在価値のあるホームページとしてゆくことが良い結果を出すといえます。

この文章を読まれた貴方は、もう悪質な商法に騙されることはありませんね?
くどいような長い文章ですが、ホームページを制作するうえで、大変重要な事柄なのでお読みいただきました。
ご読了ありがとうございました。

このページのTOPへ


クリックでトップへ