Main Image

Saple Image-1


新着情報、取扱商品やサービスに関する情報を掲載します。


文章はこんな感じになります。
文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。

リンクはこんな感じになります。

Saple Image-2


取扱商品やサービスに関する情報を掲載します。



文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。

リンクはこんな感じになります。

Saple Image-3


取扱商品やサービスに関する情報を掲載します。



文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。

リンクはこんな感じになります。

Saple Image-3


取扱商品やサービスに関する情報を掲載します。



文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。 文章はこんな感じになります。

リンクはこんな感じになります。

Web Design Concept

…about this sample page



 制作のポイント
このページはFlashを使用していません。
色調はパープルとグリーン。テニスのウィンブルドンを連想させる色調で、伝統的な落ち着いた雰囲気があります。このサンプルでは旅行ガイド風のページにしていますが、トラディショナルな紳士用品や格式あるお店などのホームページに適していると思います。
ページのレイアウトはサンプル「FLOWER」と同一です。色調を変えるとまるで違う印象になることをお知らせするために、並べて掲載しました。

このサンプルでもロゴと大きめのメインイメージを画面の中央に配置しています。言葉とイメージをより強く印象付けるためです。
右のインフォ欄はクリックで上下にスクロールし、商品やサービスの案内やイメージを掲載します。リンクも可能です。(トップのみ背景を変えています。)
下段の画像も各詳細ページへリンクします。

文章はこんな感じになります。
以下は参考の文章でます。
「紫」は日本でも古来から高貴な色とされています。歴史の授業で学んだ冠位十二階の冠位(紫・ 青・赤・黄・白・黒)で一番位が高い色です。「紫」の原料の紫草が希少であったことから珍重されました。
江戸時代に入っては、歌舞伎の衣装でも効果的に使われています。花川戸の助六の江戸紫の鉢巻は粋でいなせな江戸っ子の象徴にもなりました。
ところで、この「紫」を上手に使うのはちょっと難しい。普通の人が紫色のスーツを着ると演歌歌手のようで、なかなか様になりませんし、周囲の環境から浮いてしまいます。ですから「紫」をスマートに使えればセンスがいい人と言えると思います。そんな人を見るとうらやましくもなります。
これはデザインにも当てはまります。「紫」を上手に使ってちょっとセンスがあるページに仕上げることが出来ないかと、このサンプルを作りました。

Information Image Information Image Information Image