ホームページ制作:マジックトレインのサンプル・ページです。

チャールズ・リンドバーグ肖像

このサンプルページは、マガジン風のスタンダードな配置を基本に、背景などの自由度があるものです。

テキストによる実用性と個性的でオリジナリティのあるビジュアルが両立できる利点があります。また、ページ・トップの案内文は検索エンジンが読み取りやすく、SEOに効果があります。マガジン風のレイアウトはユーザが親しみやすく、企業・商用など汎用的に使用できます。

このページは、大西洋単独無着陸飛行で有名な、チャールズ・リンドバーグをテーマに作成しました。

Youtube : Charles Lindbergh NHD Documentary


チャールズ・リンドバーグに関する情報はこちらの「Wikipedia」(英文)・「Wikipedia」(和文)をご覧ください。

Spirit of St'Louis

RYAN N-X-211 Spirit of St'Louis

(Wikipedia:国立航空宇宙博物館

チャールズ・リンドバーグが大西洋単独無着陸飛行にしようしたライアン社製のN-X-211は、長時間飛行に必要な大量の燃料を積み込むため、エンジンをパワーアップし、且つ本体を極度に軽量化したカスタマイズ機です。

現在、ワシントンD.C.のスミソニアン博物館群の一つである国立航空宇宙博物館の入り口ホールに実物が展示されています。

Lindbergh

Charles Augustus Lindbergh

(February 4, 1902 - August 26, 1974)

大西洋単独無着陸飛行の成功時、リンドバーグは25才。当時、誰がこの偉業を成し遂げれるか、多くの人たちが注目し、賞金も掛けられました。特に飛行機を発明したライト兄弟の国である米国では、この過酷な挑戦を成功させた青年の勇気と精神力をを賞賛しました。その達成には熟練した操縦技術や飛行機のカスタマイズをはじめ周到な準備があったことは言うまでもありません。

Spirit of St'Louis

RYAN N-X-211 Spirit of St'Louis

NASM:国立航空宇宙博物館:英語

ライト兄弟のライトフライヤー号が動力飛行機で始めて空を飛んだのが1903年。それから複葉機の時代、第一次世界大戦の軍用機の登場などを経て、24年後にリンドバーグは大西洋単独無着陸飛行に成功しました。100年余の飛行機の発達は目を見張るものがありますが、航空会社の競争と共に、各国の軍事利用目的が開発を促したとも言えます。

Newyork to Paris image

ニューヨークのルーズベルト飛行場からパリのル・ブルジェ空港まで、飛行距離は5,810kmで飛行時間は33時間29分30秒でした。

−大西洋単独無着陸飛行について−

現代の感覚からすると、大西洋単独無着陸飛行がそんなに凄いことなのかと思われる方もあると思います。ジェット機を知っている私たちは、自然に飛行機は航続距離が長いと思ってしまいますが、当時の単発機の一回の航続距離はとても短いものでした。航続距離を長くするには、大量の燃料が必要です。その反面、重い燃料を積んだ飛行機を飛ばすためには強力なエンジンが必要となります。たとえ強力なエンジンが作れても、当時の技術力では充分な耐久性を備えることができるかも問題でした。これは飛行機本体の耐性についても同様です。現代でもセスナ機で大西洋単独無着陸飛行を行うことは大変な冒険行為です。

当時の人々は飛行機の将来性に大きな期待をもっていました。有名な飛行船ヒンデンブルク号の事故は1937年ですから、まだまだ飛行機旅行の時代ではなかったのです。その人々の夢をひとりのノッポの青年が成し遂げたことに人々は熱狂し、その勇気を賞賛しました。また、これに刺激を受け、軍用機を中心に航空会社の熾烈な競争も伴って飛行機の急速な進歩が成し遂げられました。

−チャールズ・リンドバーグ関係サイト−(英語サイト

チャールズ・リンドバーグ・ホームページ:http://www.charleslindbergh.com/(オフィシャル・サイト)

Time100:http://www.time.com/time/time100/heroes/profile/lindbergh01.html(タイム社)

Charles Lindbergh Biography:http://www.acepilots.com/lindbergh.html(バイオグラフィー)

Charles Lindbergh Theme Page:http://www.cdli.ca/CITE/lindy.htm(関係サイト案内)